INTERVIEW

理系 東京電力パワーグリッド

DXの時代にふさわしい、
業務効率化を追求する。

山口 安依里
東京電力パワーグリッド
電子通信部 ICTイノベーショングループ
2017年入社
理工学研究科 物質工学専攻
※部署名等は取材当時のものです

仕事内容

デジタル視点からの
カイゼンを推進。

東京電力パワーグリッドでは、デジタル技術を駆使した業務変革(デジタルトランスフォーメーション:DX)を推進しています。私が所属するグループでは、電子通信部門ならびに全社の業務に対し、デジタル視点からのカイゼンを進めています。たとえば、通信機器の点検業務。現状では点検結果を紙へ記入していますが、タブレットから直接入力・保存できるよう、電子化する取り組みなどを行っています。今後も、業務効率化に貢献できるよう、全力で取り組んでいきます。

エピソード

納得するまで準備した、
単独での初仕事。

入社して2年目に、作業現場へ初めて一人で出向しました。それまでは先輩に同行し、助言や補助をいただきながら作業していたため、すべてを単独でこなすことに不安を覚えました。その不安を払拭するために、先輩に聞いたり、自分で調べたり、自分が納得できるまで徹底的に情報収集。結果として無事に作業を終えることができ、事前準備の大切さ、自分が納得してから実施に移ることの重要性を学びました。あのときの達成感や生まれた自信は、その後の会社人生において大きな支えとなっています。

大切にしていること

何事も前向きに

前向きに挑戦することです。特に初めての業務は不安ですが、行動しないと何も始まりません。何事も前向きに捉えることで自分自身も楽しく、チーム内の雰囲気もよくなり、仕事がしやすい環境になると考えています。