INTERVIEW

理系 東京電力パワーグリッド

正解がない、という手応え。
インフラを守るルールづくり。

増崎 裕季
東京電力パワーグリッド
工務部 地中送電グループ
2015年入社
先進理工学部 電気情報生命工学科
※部署名等は取材当時のものです

仕事内容

地中送電ケーブルの保守・運用を、
幅広く手がける。

入社から一貫して、主に都市部の地下などにある地中送電ケーブルの保守・工事業務に携わってきました。現在は本社に所属しており、部門全体のルールづくりや、社内外調整、設備トラブル発生時の復旧のサポートなど幅広い仕事を任されています。新しく導入される設備やシステムに対する保守・運用ルールの策定は、それを実践する現場の考えと、本社の考えの両方を考え合わせる必要があります。はっきりした正解がないという難しさがありますが、それぞれの理解を得ながら制定まで完遂できたときには、大きなやりがいを感じます。

エピソード

人を動かすために、
自分はどう動くべきか。

超高圧地中ケーブルの建設工事を担当した時のこと。必要書類の作成などを工事会社にお願いするのですが、初めは苦労しました。忙しい工事会社にすばやく対応いただくには、書類の大切さをしっかり理解していただき、協力を得なければなりません。現場監理の際には積極的に会話をし、また、なるべく現場の負担が少なくなるよう依頼の仕方を工夫するなどしました。私が異動する際、現場スタッフの方々から「とても仕事がやりやすかった」と言っていただけたのは今でも大切な思い出。このときに学んだ人との接し方は、今でも自分の仕事に生きていると思っています。

大切にしていること

納得感

仕事をする上で「納得感」を持つことを大切にしています。相手から仕事を頼まれるときも、相手に仕事を頼むときも、協働するときも、全員に納得感があれば相互協力的で前向きに仕事に進めることができると考えています。また、明確な正解のない意思決定においても、納得感が重要だと思います。