INTERVIEW

理系 東京電力パワーグリッド

お客さまと会社をつなぐ、
部門のあるべき未来を描く。

小森 美咲
東京電力パワーグリッド
パワーグリッドサービス部 サービス企画グループ
2015年入社
工学部 システム創成学科
※部署名等は取材当時のものです

仕事内容

あるべき将来を描き、
現実とのギャップを埋める。

コールセンターでの対応や、お困りの際に駆けつけて電気の安全点検を実施するといった「お客さま接点機能」。この機能を持つ「パワーグリッドサービス部」の部門方針を決定するのが主な業務です。お客さまと東京電力パワーグリッドをつなぐ、この部門の将来像はどうあるべきなのか。託送制度の変更や、地域やお客様からのニーズといった社内外の変化をふまえて描きます。その将来像と現実のギャップを、部内のメンバーを巻き込みながら埋めていくことがミッションです。

エピソード

無念さから始まった、
お客さま視点の尊重。

以前の職場での経験です。台風によって関東地方が甚大な被害を受け、大規模な停電が発生しました。停電といえば、被害を受けた電柱を修復するシーンが浮かぶかもしれませんが、「パワーグリッドサービス部」もお客さま接点として、続々と入るお客さまの要請をとりまとめ、対応する業務に部全体で対応しました。お客さまの困りごとを解決するのがインフラ企業の使命であるはずなのに、多大なご迷惑をおかけしていることがとても無念でした。この経験をして以来、お客さま視点こそが第一という考えを常に念頭に置いて、業務に取り組んでいます。

大切にしていること

チームの信頼を得る

「チームの信頼を得る」ことはつまり、「チーム内で求められた役割をしっかり果たせる」ことであり、報連相や自分の意見を持つという「仕事の基本ができる」ことです。チームの信頼を得ようと動くことが、よい仕事の結果につながると考えています。