INTERVIEW

文系 東京電力ホールディングス

仕事を動かすシステムを、
動かす。

北沢 しほ
東京電力ホールディングス
ビジネスソリューション・カンパニー ITサポートセンター
労務人事システム企画グループ
2015年入社
法学部 法律学科
※部署名等は取材当時のものです

仕事内容

奥が深くて幅が広い、
労務人事系システムを担当。

東京電力の各カンパニーを統括する、東京電力ホールディングスの労務人事系システム全般を担当しています。業務を主管する部署からシステム化の相談があれば導入支援を行ない、不備が発生すれば修正を支援。会社にとってシステムは、仕事をする上で必要不可欠です。一方で、奥が深く幅が広いため、難題も多いです。けれど、システムが運開したときの達成感はひとつではなく、システムごとに違った喜びを味わうことができます。その魅力に気づいた時から、よりいっそうのやりがいを感じるようになりました。

エピソード

「POSITIVE」が生んだつながりが、
仕事を前向きにした。

いまのグループに配属になって、初めて携わった大きなシステム開発が、勤怠・給与等を管理する「POSITIVE」でした。システム初心者だったため専門用語が分からず、資料や議事録を作成するのにも四苦八苦。しかし、まわりの先輩方からの指導や、会社で実施しているシステム研修のおかげで少しずつ成長することができました。「POSITIVE」に携わったことで、システムの面白さと難しさ、運開した時の達成感など、いろいろなことを学べたと思います。また、たくさんの人との繋がりができたことは、その後の仕事においても、とても重要な意味があったと感じています。

大切にしていること

人とのつながり

私が大切にしていることは、「人とのつながり」です。仕事にも得意、不得意があり、一人ではできないことがたくさんあります。不得意な仕事に遭遇した時に、支えとなってくれたのは、先輩や同期でした。