INTERVIEW

理系 東京電力エナジーパートナー

広がり続ける事業領域から、
最適なソリューションをお客さまへ届ける。

檀上 拓也
東京電力エナジーパートナー
販売本部 東京本部 ソリューショングループ
2018年入社
工学研究科 分子工学専攻
※部署名等は取材当時のものです

仕事内容

法人のお客さまへ、
幅広いエネルギーソリューションを提案。

東京都内の学校、病院、事務所ビルなど、法人のお客さま営業を担当しています。エネルギーコストの削減や環境対策など、お客さまが抱える課題をお聞きし、最適なソリューションを提案することが私のミッションです。従来の電力・ガス販売のみならず、空調や照明に関する省エネ提案、再生可能エネルギーの導入など、お客さまの課題解決のために手がける領域は非常に幅広くなっています。その中で考え抜いた自分の提案をご採用いただき、課題解決に至ったお客さまから「ありがとう」と言っていただくのがいちばんのやりがいです。

エピソード

サービスの価値を
はっきり伝えた「お客さま目線」。

自分を大きく成長させたのは、お客さま対応の中で感じた課題を克服した経験です。私は、当社が電気の付加価値として提供している「エネルギーの見える化サービス」について、導入後、十分に活用されていないことに課題を感じていました。そこで、お客さま目線でデータを整理し、分析結果を報告したところ、お客さまにサービスの「価値」を改めて実感していただくことができました。この経験を通して、お客さまの立場に立って物事を考えることの大切さを学びました。

大切にしていること

前向きに挑む

何事も前向きに考え、チャレンジすることです。エネルギー業界が大きく変化する中で、当社の事業領域も変化してきています。この変化をチャンスと捉え、挑戦し続けることで、社会に貢献するとともに自分自身の成長にもつなげていきたいと考えています。