INTERVIEW

理系 東京電力エナジーパートナー

お客さまのいちばんそばで、
声を集めて提案に活かす。

檀 美由貴
東京電力エナジーパートナー
販売本部 北関東本部 ソリューショングループ
2017年入社
学芸学部 数学科
※部署名等は取材当時のものです

仕事内容

独自のエネルギーサービスを、
法人のお客さまへ提案。

法人企業(主に生産工場)のお客さまに対して、当社の持つサービスを提案するグループに所属しています。電気の契約だけではなく付加価値をつけたサービスをお客さまに評価いただき、当社との関係構築の一助となることを目指しています。お客さまのエネルギーに対する課題やニーズを把握し、当社独自のサービスを採用いただき解決できた時に、いちばんのやりがいを感じています。お客さまに喜ばれるサービスを提供できるよう、日々情報収集を重ねて仕事に取り組んでいます。

エピソード

九州へのサービス初導入を、
協働でやりぬく。

入社2年目の際、ある企業から新設工場の情報をいただきました。九州エリアに建てられる工場で、当社のエネルギーサービスを提案してほしいとのご依頼でした。その当時は九州へのエネルギーサービスの導入事例がなく、お客さまのニーズを満たし安心して導入していただくにはどのような提案をするべきか、グループ会社を巻き込んで検討しました。また、その企業と当社が近い利点を活かし,何度もお客さまの元へ訪ねてヒアリングを行いました。その結果、競合5社の中から当社を選んでいただくことができました。たくさんの方の協力を得ていい結果につながったことに、やりがいを感じました。

大切にしていること

声を聞く

まずは、お客さまの課題やニーズをしっかりと聞き、把握することを大切にしています。お客さまの声をいちばん近くで聞ける部門にいることを自覚し、喜んでいただけるサービスを提案することで、その喜びが当社への信頼に変わると信じています。