高専卒社員の声

活躍中の高専卒社員にアンケートを実施。志望理由から仕事のやりがいまで、たくさんの声が集まりました。
ぜひ、あなたが東京電力を知る手がかりにしてください。

就活について

Q1:企業選びで大切にしていたポイントはなんですか?

(選択式/ひとつだけ回答)

Q2:東京電力を志望した理由はなんですか?

(自由回答)
  • ●日本最大の電力会社で挑戦したかった
  • ●生活基盤を支える産業だから、社会に貢献できそう
  • ●首都圏の電力を担うところに大きなやりがいを感じた
  • ●電気科なので電気関係(強電系)の仕事に就きたかった 
  • ●大規模な土木構造物を造ってみたかった
  • ●震災時、東電社員が復旧に向けて頑張っている姿を見て 
  • ●変革を必要とする会社だから
  • ●部署が多く、やりたいことができそう
  • ●再生可能エネルギーに力を入れていて飛躍が期待できる
  • ●福利厚生がしっかりしていて、休暇が取りやすそう
  • ●給与水準が他業種より高かった

Q3:東京電力に入社を決めた理由は何ですか?

(自由回答)
  • ●インターンシップで社風のよさを感じ、働きやすそうだと思った
  • ●面接官の印象がよかった
  • ●働くイメージが湧いたのはもちろん、福島への責任を果たそうとする姿勢と、停電復旧を行う先輩方の背中を見て入社を決意
  • ●他社は「設計だけ」「工事監理だけ」と業務が限られているが、東京電力は建物に関わる全業務が経験でき、一級建築士などの資格取得にも力を入れている
  • ●技術者として成長・活躍できそう
  • ●分社化しているので、希望の職種に就きやすそう
  • ●廃炉に直接的に貢献できる
  • ●都会に出て仕事ができる
  • ●他人に自慢できる就職先だと思った

入社後について

Q4:入社して驚いたことはありますか?

YESの理由

  • ●社員も電柱に昇っている
  • ●約3年周期で人事異動がある
  • ●仕事は忙しいが、意外と有休も取りやすい
  • ●想像よりも関連事業が幅広い
  • ●各部門の専用の研修所が存在する
  • ●資格取得に対して奨励金がある
  • ●テプコマイチョイス(メニューから選ぶポイント制の福利厚生)がとても充実
  • ●住宅手当が手厚い
  • ●警報が鳴った時の先輩たちの行動の速さ

Q5:仕事にやりがいを感じていますか?

YESの理由

  • ●ライフラインの一部を支えていると、肌で感じられる
  • ●自分のペースで仕事ができる
  • ●新しいことに挑戦できる
  • ●年次が低くても責任ある仕事ができる
  • ●専攻以外の分野も学ぶことができる
  • ●お客さまからの「ありがとう」が嬉しい
  • ●大企業ならではの予算
  • ●学生時代の知識を十分に活用できている
  • ●日々学ぶことが多く、成長を実感できる

Q6:憧れている先輩はいますか?

YESの理由

  • ●仕事に信念を持って取り組んでいる
  • ●災害・トラブル発生時にも慌てず、冷静に対応
  • ●頭脳明晰で人柄も抜群によく、非の打ち所がない
  • ●風習や制度にとらわれず、今の時代にあった柔軟な考え方を持っている
  • ●空腹だろうと眠かろうと、弱音ひとつ吐かずにお客さまのために災害復旧を遂行
  • ●後輩思い
  • ●若手への仕事の振り方や指導が的確

Q7:研修制度は役立ちましたか?

YESの理由

  • ●研修設備が充実していて、実物に触れながら学べるので非常に実用性が高い。
  • ●入社後2週間の全部門研修で相談できる仲間が増え、異動しても「知り合いがいる」という安心感が生まれた。
  • ●知識のない特殊な分野でも、初歩から学ぶことができる。
  • ●社会人としての基礎を学べた。
  • ●他部門のことも学ぶ機会があり,打ち合せで役立った。
  • ●経験年数に応じた研修が組まれており、即実践できる。
  • ●キャリアデザイン研修では、今後の生活設計に役立つ情報を学べた。

Q8:学校での学びは活かせていますか?

YESの理由

  • ●学校で学んだ基礎知識をベースに、応用技術を学んでいる
  • ●電気の基礎知識や法令など、今でも実際に使う
  • ●学校で習ったなと思える工事も多い
  • ●工学知識、製図知識、工作実習、設計知識、生産工学等、存分に発揮して活躍中
  • ●プログラミングの知識を活かせている
  • ●入社後に学ぶことが大量にあるので、身についた学習習慣が役に立つ

Q9:プライベートはアウトドア派? インドア派?

オフの過ごし方

●バーベキュー ●ゴルフ ●食べ歩き・飲み歩き ●旅行 ●釣り ●キャンプ ●スノーボード ●サーフィン ●RCカー ●ボウリング ●卓球 ●バスケ ●筋トレ ●サウナ ●サッカー・フットサル ●音楽イベント ●ドライブ ●読書 ●映画鑑賞 ●アニメ鑑賞 ●マンガ ●ゲーム ●電子機器いじり ●科学 ●動物学

INTERVIEW

原点は、
飛行機から眺めた東京の夜景。
佐藤淳哉
2011年入社
東京電力パワーグリッド株式会社
配電エンジニアリングセンター 工法高度化グループ
電気工学科卒

― 現在の仕事を教えてください

配電設備における工法改善に携わっています。具体的な業務を挙げるなら、たとえば工具や安全装備品の品質管理審査。メーカーが開発した製品が東京電力の基準を満たしているか、厳格なチェックを行なっています。

― どのようなキャリアを歩んできましたか

入社から約10年、配電保守の経験を積んできました。安全面を含め、相当な熟練が必要とされる分野です。20年選手も珍しくありません。ただ、私は途中で機材の品質管理を行う部署へ異動になり、それから現職へと至っています。現場を極めていくことをイメージしていたので、少し意外なキャリアの転換でしたね。改めて学ばなければならないことも多いのですが、新鮮な気持ちで取り組んでいます。

― 「入社してよかった」と思えるのはどんな時ですか?

私の業務は、そのほとんどが電力の安定供給に直結しています。責任が大きいからこそ、仲間と一緒にトラブルを解決できると嬉しいですし、地域のみなさまから感謝の言葉をいただけた時には「この仕事を選んでよかった」と心から思いました。また、技術面に限らず、社会人として大きく成長できたのも、東京電力の環境があったからだと感じています。

― 就活生へのメッセージをお願いします

故郷の北海道と東京を行き来しながら就活をしていた時、飛行機から見えた東京の夜景に「この景色を守る仕事がしたい」と思いました。電気はあって当たり前です。その当たり前を守るために、私たちは進化を続けています。自然災害へなどのシビアな局面を乗り越え、街の灯りを取り戻せた時の感動は言い表すことができません。積極性を持って仕事に取り組む方と、この達成感を分け合えたらと願っています。