MESSAGE

Profile
中馬 寛子 Hiroko Chuma
1993年
東京電力株式会社に技術系職として入社
入社以来、配電部門(現在の東京電力パワーグリッド株式会社)で保守、設計、機材技術、保全、計画業務を経験(支社および本社)
2014年
配電設備工事の工程管理・設計業務の管理職(支社)
2018年
配電設備設計業務の管理職(本社)
2020年
現職

採用グループマネージャー 中馬 寛子より

皆さん、こんにちは。
東京電力グループの採用ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

ホームページを通じて、東京電力グループの仕事、雰囲気、魅力を知っていただけましたか。
もっと知りたい、と思う仕事や、一緒に働きたい、と感じる仲間との出会いはありましたか。
東京電力グループには、さまざまな仕事があり、そこで誇りを持って働いている多くの仲間がいます。
さまざまな経験を積んだ仲間たちが手をつなぎ、それぞれの得意なことを掛け合わせ、化学変化を起こし、1+1を3にも5にもできること。それが、当社がもつ魅力であり財産です。

今、皆さんが取り組まれている就職活動は、ご自身を見つめなおすよい機会です。
是非、得意なことに光を当ててください。苦手なことはあって良いのです。それを補い、得意なことを掛け合わせることのできる仲間が、東京電力グループにはいます。
この出会いが、皆さんのもつ得意なこととの掛け合わせの新たな一歩になることを、心から楽しみにしています。

事務系チームより

世の中には、様々な職種・業界が存在します。
就職活動期間中は、その様々な職種・業界に触れるチャンスだと思います。是非、この機会に多くの企業研究を重ね、それぞれの企業が社会にどのような価値を提供し、存在しているのかを考えてみてください。
積極的な就職活動を通じて、この時期にしかできない貴重な体験を楽しむことは、皆さんご自身の力になると共に、働く上で大切にしたい価値観や軸を浮き彫りにしてくれることでしょう。

ウィズコロナ、人口減少、電力自由化、再エネの普及、カーボンニュートラル・・・・。
今、電力業界を取り巻く環境は変革期を迎えています。これに伴い、私たち電力会社もまた、変わっていかなければなりません。皆さんの生活を支える電力の安定供給はもちろんのこと、これまでに培ったノウハウを活かして、社員一人一人が力を結集し、日本国内のみならず、世界にイノベーションを起こしていくことが求められています。

それには、生活の基盤である電気を支え、街に灯りを灯し続けてきた先輩社員に加え、新しい発想を持った皆さんの力が必要となります。電力会社の“当たり前”を超え、新たな時代を一緒に創りあげていただければと思います。

“人々の生活の基盤を支え続け、新しい電力業界を創りあげる”ことにチャレンジしてみたいと思われる方、ご応募をお待ちしております。

技術系チームより

新型コロナウイルスにより学生生活も制限を余儀なくされる中、就職活動を進めるにあたって、自分が学生時代に何を経験してきたのか,どんなことに取り組んできたのかを振り返った時に、不安になる方もいらっしゃるのかと思います。
今まで育った環境や経験してきたこと、人それぞれ大事にしている価値観は違います。そしてみなさんの中にはこれだけは譲れない「軸」があると思います。そのような自分の「軸」とライフキャリアをどのように結び付けたいと考えているでしょうか?
「キャリア」とは、過去から将来の長期にわたる職務経験やこれに伴う計画的な能力開発の連鎖を指すものです。自身のこれまでを振り返り、みなさんが夢中になったことや印象に残っていることをもとに、これから何がしたいのか・何ができるのか・社会から何を求められているのかを考えてみてください。これまでの経験を振り返ることで思い描くライフキャリアのヒントが見つかると嬉しく思います。

現在、日本の労働環境は大きな転換期を迎えています。
少子高齢化、人生100年時代、IT技術の進歩、AI化、働き方改革、女性活躍推進、終身雇用制度の変化など、自律的・主体的なキャリア形成が必須の時代に突入しています。
その中でエネルギー業界は5D(人口減少、過疎化、脱炭素化、分散化、制度改革、デジタル化)と呼ばれる事業環境の変化の真っ只中にあり,大きな変革が求められています。
東京電力グループは変革期にありながらも豊富な人財・資産・技術のもと、個人にあったキャリアプランを実現できる場所です。重要な社会インフラである“電力”を安定して維持し続けるとともに、エネルギーの新たな価値を創造して未来を切り拓いていくには、みなさんのような多様な人財が必要です。一緒に新しい社会の構築に向け、そして、一人ひとりがライフキャリアを実現できるよう共に力を合わせていきましょう。みなさんにお会いできるのを楽しみにしております。