DIVERSITY

東京電力グループでは、あらゆる分野において企業価値の向上に資する「稼ぐ力」を高めていくことを推進しています。そのために、性別・人種・年齢・性的指向や性表現・働き方など多様な視点・能力・経験を有する社員一人ひとりが最大限に能力を発揮することができるよう、ダイバーシティの推進に積極的に取り組んでいます。

女性活躍推進

女性管理職比率
2006年 0.9%
2020年 5.5%
女性役員数
2013年 1
2020年 6
行動計画
東京電力グループ各社全体での女性管理職比率
2025年度末までに
10%

女性のキャリア開発支援

女性向け研修

長期的な視点でのキャリア開発に向けて、さまざまなヒントを得られる研修やセミナーを実施。自身のキャリアに対する自信と責任を醸成しています。

●マネジメントスキルアップ研修
●マインドセットセミナー
●リーダースキルアップ研修
●女性キャリアデザイン研修
●育児休職ランチミーティング

管理職向け研修

管理職を対象として、多様性に関する理解促進を図るとともに、ワークとライフの両方を充実させるための組織マネジメントについて学びを深めています。

●イクボスセミナー
●アンコンシャスバイアス研修

女性活躍推進法/次世代育成法の取り組み

女性活躍推進の取り組みが優良な企業として、厚生労働大臣の認定(えるぼし認定)を取得しています。また、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定(くるみん認定)の取得をしています。

LGBTへの理解の促進

多様性が尊重された職場づくりを推進しています。LGBTに関する基礎知識や、当事者が抱える課題について深く知るための機会を創出するとともに、当事者がより安心できる環境を整えるための取り組みも行なっています。

●全従業員が参加できるセミナーの開催
●相談窓口の設置
●LGBTアライメンバーのネットワーク拡大
●ビジネスネーム(※)制度
※戸籍名での就業が困難な社員は、希望する氏名での就業が可能です。

障がい者雇用・活躍推進

障がいのある従業員が生き生きと働くことができる職場環境を提供することを目的に、2008年に東電ハミングワーク株式会社を設立いたしました。障がい者の雇用率は2020年度実績で2.49%(※東京電力グループ大)で法定雇用率を上回っており、職業生活相談員制度の定着を図るなど、今後も障がいのある従業員が活躍できる環境づくりを推進していきます。

ベテラン社員の活躍促進

豊富な経験・専門性を有するベテラン社員の定年後の活躍を推進するために、60歳の定年以降も、本人の意向等を踏まえて最長70歳まで活躍できる雇用制度を導入しています。現在、1200名(※)のベテラン社員が活躍しています。 ※60歳以上の社員数